街に住む、自由気ままな猫くんを紹介しているブログです

ポチット、応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

無料ソフト
ダウンロード (VECTOR)
AimClip
切り取り -> 縮小 -> 保存までの
操作を最短操作で完了します。
ホームページを見る
AimClip
無料猫小説
読んでみる (パブー)
暇つぶしに最適
陽気な猫の物語
100%テキスト小説です
Episode 1 : 始まり編
Episode 2 : 別れ編
Episode 3 : 仲間編



最終関門の歌は、昭和の名曲「長い夜」だった。



なが~い♪夜を♪~ 「飛びこえてみたい♪~」



にゃんこ♪~ 「だけに♪~」



この愛を♪~ 「ちか~う♪~」



うむ。お前さんは今、にゃんこだけに愛を誓うと言ったナリその言葉に嘘偽りはないナリか? 「・・・」



スパ男は思わず言葉に詰まった。

スパ男は人間、猫くんだけに愛を誓う事など出来ない。

本音の答えは"No"

しかしそれでは試験を合格する事は出来ないだろう。

スパ男は脳をフル回転させた。

”世の中は、建前で溢れかえっている。

建前で世の中が成り立っていると言っても過言ではない。

猫くんは何を求めている?

スパ男は猫くんが求めている答えを、さも最もらしく答えてあげればいいだけの事”


答えは決まった。

唯一の気がかりば、

”猫は嘘をつかない”

と言った猫くんの言葉だったが、まぁ気にする事もないだろう。



「オイラは猫スパイになる身、猫くんだけにこの愛を誓うよ。答えは



う~む・・・ (えっ!、なんか嫌な感じがする・・・)



お前さまは人間、猫だけに愛を誓う事なぞ所詮出来ないナリ (見透かされてた・・・)



ここはバカ正直に



見習いからやり直しナリ 「ショックで腰が抜けやした」



”猫社会に、建前は通用しない”


スパ男は猫社会の厳しさを痛感したのだった。


応援のポチット、お願いナリ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://catoftown.blog.fc2.com/tb.php/234-e55be363
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック