街に住む、自由気ままな猫くんを紹介しているブログです

ポチット、応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

無料ソフト
ダウンロード (VECTOR)
AimClip
切り取り -> 縮小 -> 保存までの
操作を最短操作で完了します。
ホームページを見る
AimClip
無料猫小説
読んでみる (パブー)
暇つぶしに最適
陽気な猫の物語
100%テキスト小説です
Episode 1 : 始まり編
Episode 2 : 別れ編
Episode 3 : 仲間編


スパ男はD地点の暗号を授かりにある場所へと向かっていた…

その途中、スパ男はこのシリーズについて考えていた。

このシリーズ本来の目的は、猫の裏社会の闇を暴く為、

スパ男が猫の裏社会に極秘潜入、

任務を遂行する過程のハラハラドキドキ感をブログを通してお伝えする事、

そして、任務を無事成し遂げた暁に言う決め台詞。

ミッション、コンプリート!

そう、スパ男はこの台詞を言いたいが為、

このシリーズを始めたと言っても過言ではなかった。

が、しかし、ここまでこのシリーズの展開と言えば、

暗号の確認という建て前のもと、

猫くんと呑気に歌を歌っている内容ではないか!

一体いつまでこの展開が続くのだろう?


来たナリな「伝言係の猫くんかい?」



D地点の暗号を伝えるナリ 「へい」



つい最近の事、お前さんが行きつけの定食屋で流れていた曲で思わず口ずさんだ昭和の曲ナリ(えっ…!?)



なぜ??猫くんがその事を知っているのだろう。



「なぜ、オイラが口ずさんだ曲を知っているんだい?」



この世の街の猫くんの3割がスパイ猫の事実を知ってるナリか?「びっくり新事実!?では、このブログにも何処かで登場してるかもしれないね」



それは無いナリ、スパイ猫は人様の前に姿はさらさないナリ「では何処に?」



常に視界に隠れた所から狙った人様を監視してるナリ「それは…つまり…オイラが監視されていたと…」



うむ、情報は人様の耳に聞こえない声で伝達され瞬時に親分猫まで届くナリ「恐るべし、スパイ猫」



D地点へ行くナリ「了解っす!」


”口ずさんだ昭和の曲”と言えばあの曲だな。

そして、おそらくD地点でも猫くんと呑気に歌を歌って終わりだろう、

そう思いつつ、D地点へ足を運ぶスパ男だった。



応援のポチット、お願いナリ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック URL
http://catoftown.blog.fc2.com/tb.php/229-6b395e93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック