街に住む、自由気ままな猫くんを紹介しているブログです

ポチット、応援よろしくお願いします。 にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

無料ソフト
ダウンロード (VECTOR)
AimClip
切り取り -> 縮小 -> 保存までの
操作を最短操作で完了します。
ホームページを見る
AimClip
無料猫小説
読んでみる (パブー)
暇つぶしに最適
陽気な猫の物語
100%テキスト小説です
Episode 1 : 始まり編
Episode 2 : 別れ編
Episode 3 : 仲間編

先々週、猫くんは変顔が出来ると言ってくれた。



その言葉を信じ、



猫くんの変顔が見たく、再び訪れたのだった。



「猫くんおはよう、また来てしまった」



何しに来たナリか? 「猫くんの変顔が見たくてね」



オラ、変顔などした事ないナリ 「この間、変顔が出来るって・・・」



知らんナリ 「とぼけてるのかい?」



とぼけてないナリ



「そっちの猫くんは覚えてるかい?」 全く知らんナリ



「グルかい」 何を言ってるナリ、いつオラがそんな事を言ったナリか?



何時、何分、何秒、何コンマ、地球は何回回ったナリか! 「もういいっす」


子供の頃、こんな事を言うやからが居た事をふと思い出したブログの作者だった。


(この猫くんが変顔を見せてくれる日は来るのだろうか。。)


応援のポチット、お願いナリ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村

スポンサーサイト


2週に渡り、

「夏の思い出」を熱唱した猫くん達、

その後、どうしているのだろう?



「いたいた」



「猫くん、おはよう」



オラ達はもう唄わないナリ 「無茶ぶりして、悪かった」



オラ達が出来ることは、ただ1つナリ 「それは、なに?」



変顔ナリ 「そうだった!今日はそれを披露してくれるんだね?」



う~ん・・・ (頼むよ、猫くん・・・)



ZZZ・・・ 「寝ちゃった!」


街の猫くんは、気まぐれだ。



応援のポチット、お願いナリ。
にほんブログ村 猫ブログ 猫絵・猫漫画へ
にほんブログ村